Home > food 国際調理製菓専門学校 > 記事:"パティシエ学科1年生 胎内食育実習"

パティシエ学科1年生 胎内食育実習

こんにちは!! パティシエ学科 大村です。

パティシエ学科 1年生が胎内市に食育実習に行ってきました。
当日は雲一つない晴天で豊かな自然に生命力を感じました。

胎内市は農業が盛んで特に米を生産している農家が多い地域です。


まずは胎内アウレッツ館にて、米粉ピザ作り体験をしました。

製パン実習で手捏ねをしているのでなかなか慣れたものです。
根気よく捏ねるとふっくら膨らんでモッチリ食感になるようです。
米粉を扱うのが初めての学生がほとんどでしたので小麦粉との違いを感じて感動していました。
          


次は胎内フルーツパークでの収穫体験です。
今回収穫させていただくのは「ブルーベリー」と「さくらんぼ」です。
実習でブルーベリーもさくらんぼも扱いますが国産のブルーベリーを食べたことがなかったり、
意外に学生はブルーベリーが木に成っている実だということを知らなかったり・・・

 
楽しく収穫して採れたてを美味しく頂きました。


最後に「新潟製粉」と「小国製麺」の工場見学です。
新潟製粉さんも小国製麺さんも新潟米を使った商品開発をしています。
米の消費が落ち込んでる今、消費拡大に繋げ、延いては日本の農業がたくましく発展していくように様々な食べ方の工夫がされているのだと感じました。


今回の食育実習をサポートしてくださった皆様ありがとうございました。

カレンダー

<   2018-11   >
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

学校サイトへ

記事の検索

Rss2.0フィード

このブログのRSSフィード 
 
Copyright 2012 JAPAN NSG GROUP All Rights Reserved.